会社設立手数料0円
お気軽にお問い合わせください その他お問い合わせ 06-6937-5757 受付時間/平日9:00〜18:00
メールでお問い合わせ
今日もみんなの笑顔と出会う パワーパートナー社長のブログ
株式会社設立・合同会社設立・一般社団法人設立・NPO法人設立・LLP設立・医療法人設立。無料相談会実施中。手数料0円。
パワー・パートナーは本気で応援しています!

ひとりで悩まずお気軽に

些細なことでもお気軽にご相談ください。専門家が親身にお応え致します。

設立がゴールではない

会社設立後からが本番スタートです!
強み発見・営業活動も支援致します。

ノウハウと出会いを共有

共に頑張れる仲間を増やして、事業を加速させる出会いをご提供致します。

会社設立サポート!他にはない当社の5つの強み

無料で相談できる

会社設立時の疑問や不安に全力でお応えします。追加料金が途中で発生する事もありません。
今なら!無料相談にお越しになられた方には、設立に役立つ冊子をプレゼント!!

最安値の価格帯

司法書士などの専門家が行うからこそ、業界最安値が実現。手数料0円で登記手続きが完了します。
※実費(登録免許税・定款認証代・謄本取得費など)は別途かかります。

助成金や融資の情報が豊富

設立時だからこそ受けられる助成金や融資の情報が豊富です。業種や業態をお聞かせください。

設立後の営業活動もサポート

融資や税金や雇用保険の手続きなど手続きもお任せください。設立後の営業活動もサポート致します。

志が高い経営者の繋がりが豊富

会社設立後には経営者として共に歩める仲間が必要です。当社では様々な仲間と出会える機会があります。

パワー・パートナーの3つの強み

1000名以上の司法書士・税理士など専門家と繋がっていること

各専門分野に強い司法書士・税理士の中から、設立しようとしている業種や体系にぴったりの先生を選ぶ事ができます。

お客様の強みを引き出すことが得意なこと

パワー・パートナーはこれまで300名を超える経営者の強みを形にしてきました。そのノウハウを活かし、強みを引き出します。

お客様の営業活動において、プラスとなるノウハウを提供できること

会社設立後の営業活動は、自社の強みと強みを発揮する機会がなければいけません。見せ方活かし方の支援ができます。

会社設立こんなご相談承ります

会社設立から事業を成功へ導くフルサポート!!

株式会社を設立することのメリットデメリットは、業種や業態によって違ってきます。
あらゆる角度から、将来を見据えたアドバイスを的確にお伝えいたします。
以下に関する事は、無料でご相談を承っております。

会社設立に関する法務・知的財産に関すること・会社法・民法・労働法・債権回収・資本提携・業務提携・
株式公開準備・企業組織再編・節税対策・相続・事業承継・税務調査対策・労働保険調整・社会保険全般・
給与計算・人事労務管理・助成金・退職金問題・不動産、商業登記など。

お問い合わせはお気軽に
06-6937-5757 受付時間/平日9:00〜18:00 メールでのお問い合わせはコチラ 無料相談会で冊子プレゼント!!
ページトップへ

お願いして良かった!お客様の声

IT関連事業 S.T様 34歳

本当に親切に対応してくれた!

起業しようと思い立って、どういう手続きが必要なのかとか、何をやらなければいけないのかなど
本やインターネットで調べてみたものの、疑問ばかりが募っていました。
実はあまり期待せずにパワー・パートナーさんに問い合わせてみただけでしたが、
やっぱり専門家は違うんだと、初めての相談時に感じました。
本には載っていない、リアルな意見や実体験を沢山聞けて、本当に有難く心強く、会社を設立する事ができました。
本当にありがとうございました。

雑貨・服飾事業 M.A様 42歳

忙しい時間をホントに助けてくれた。 

事業を興したいという気持ちを持ちながらも、主婦業を優先してしまい、なかなか形にはできませんでした。
想いばかりを持ち続けて、時間をみながら本を見たり人の話を聞いたりと起業に向けての心構えは持っていたつもりでしたが
少し行動してみようとパワー・パートナーさんを訪問してみました。
私の状況を親身になって聞いてくださり、自分だけでは知りえなかった様々な情報をいただきました。
何かと準備が必要で考える事も沢山でと思っていましたが、本当に沢山助けていただき苦労なく事業を興す事ができました。
もっと早く行動しておけばよかったと今では思っています。。。
お世話になって大変感謝しています。

起業・経営を応援します!当社の役割

起業家・経営者 新設企業をワンストップサービス パワー・パートナーが窓口になります。 様々な業務を代行いたします。 経営コンサルタント、税金、税理士、会計設立、行政書士、助成金、社会保険労務士、会計・経理、経理専門家、印鑑、ハンコ屋、ホームページ・Web、制作会社、OA機器・電話・FAX、設備

こんな疑問はお気軽にお問い合わせください

  • 会社設立までの手続きっていくらかかかるの?
  • 会社設立と個人事業ってどう違うの?
  • 登記までの流れとその後の流れが知りたい。
  • 司法書士へ依頼しなければいけないの?
  • 税理士は今のうちから必要なの?
  • 準備しなければいけないことは他に何があるの?
  • オンライン申請ってなに?
  • 電子定款ってなに?
無料相談会実施中!会社設立のノウハウが詰まった
無料冊子をプレゼント!!
お問い合わせはお気軽に
06-6937-5757 受付時間/平日9:00〜18:00 メールでのお問い合わせはコチラ

冊子の中身を少しご紹介

【第1話】会社設立のメリット・デメリット

会社設立をした方がいいのか、個人事業のままがいいのか・・・?
会社の設立の一般的なメリットとデメリットを、税金面、経営面など様々な角度から、わかりやすくまとめました!

【第2話】会社設立に際しての注意点

資本金の額、決算期の時期、助成金申請のタイミングなど・・・
会社設立に際しての一般的な注意点を、専門家に依頼するメリットも踏まえて、わかりやすくまとめました!

【第3話】助成金について

助成金とは、国などの公的機関から支給される、返済不要のお金です。
創業時は、起業後数年経過している場合よりも、助成金をもらえる可能性は高いと、一般的に言われていますが、
あくまでも使用した金額に対して助成してもらえるものですので、助成金をもらう目的での会社設立は、当然お勧めできません。

また、起業を決意して、いざ申請しようと思っても、申請期限が過ぎていたり、既に社員を雇い入れてしまっていたために、もらえるはずのものがもらえなかったという場合は少なくありませんので、早期に専門家にアドバイスをもらうことをお勧めいたします。

創業期にもらえそうな助成金について、一般的にわかりやすくまとめました!

【第4話】創業融資について

創業期に先ず、ぶつかるのが資金調達ではないでしょうか?
一般的に、創業期の資金調達の方法としては、公的融資や助成金などが考えられます。
創業融資は、過去の事業実績ではなく、事業計画書の内容によって審査が行われますので、
事業計画書の作成が非常に重要になってきます。

また、一度融資の申請をすると与信履歴が残り、後で修正するのが困難になりますので、
初期段階から、創業融資に詳しい税理士などの専門家にアドバイスをもらうのが得策と言えます。

今後、事業を継続していく上で、資金面でも様々な問題に遭遇するかも知れませんので、先々のことまで考え、
できるだけ創業時に、融資を受けておくことをお勧めいたします。

【第5話】電話番号取得・ネット回線などについて

会社を設立したらしなければならないこと沢山あります。
諸官庁への各種届出手続きはもちろん、電話番号の取得、FAX・コピー機の設置、会社案内の作成、名刺の作成、ドメインの取得、インターネット回線の開通、あいさつ状の作成、事務所のネームプレートの作成、人材募集、パソコンの発注などなど・・・

ここでは、電話番号取得・インターネット回線の開通など、オフィスの環境整備について、
やらなければいけない煩雑な作業について、今流行りのオフィスを持たない働き方である「ノマドワークスタイル」などにも
言及しながら、あなたの会社にとって一番賢いスタイルを見つけていただくために、できるだけ、わかりやすくまとめました。

【第6話】名刺・ロゴ・Webについて

名刺やロゴ、WEBサイト、パンフレット、そして商品などを際立たせるカタログ・・・。
どれも、企業にとって無くてはならない重要なものですので、しっかりとしたコンセプトを踏まえ、
総合的にプランを立てる必要があります。
その中でも、様々な媒体で会社の「顔」となるのが、会社ロゴではないでしょか?

まさに企業の理念や想いを表したロゴマークが「企業の顔」として、とても重要となります。
また、近年インターネット等の普及により、思わぬところから商標権侵害だと言われる事例が増えており、
企業が成長していく過程で、ネーミングやロゴマークを守る戦略の 重要性が、今注目されています。

【第7話】会社設立後の届出手続きについて

会社設立登記も無事に完了し、ようやくあなたの会社が誕生しました!あとは、営業活動に専念して・・・

しかし、会社設立後、諸官庁へいろいろな届出書類を提出しなければなりません。
例えば、税務署、税務事務所、労働基準監督署、市区町村役場、公共職業安定所(ハローワーク)、社会保険事務所など・・・

会社設立後の、面倒な各種届出手続きをわかりやすく一覧にまとめました。

お問い合わせはお気軽に
06-6937-5757 受付時間/平日9:00〜18:00 メールでのお問い合わせはコチラ 無料相談会で冊子プレゼント!!
会社設立、起業のはじめの一歩を踏み出そうとしているあなたへ

起業をすると、誰にも束縛されない自由が手に入り、また、自分が上げた成果をそのまま、自分の報酬とすることができます。そして何より、自分のやりたい事や正しいと思うことを仕事にできるというメリットがあります。

しかし、会社勤めをされている頃と比べ、社会的信用も使えなくなってしまいますし、なにが起きても全て自分の責任になります。
また、成果が出なくてもある程度の給与が保証されるということもなくなります。
すべて、自分自身の力で稼ぎ、生きていかなければならないのです。

この先、日々の忙しい業務に追われるなか、売上や資金繰りのことで頭を悩まされ、先行きが見えなくなる不安や恐怖に直面することがあるかもしれません。
様々な向かい風が立ちはだかり心が折れそうになるときがくるかもしれません。
「自分は何のために起業したのか?」「そもそも自分は何がしたかったのか?」
さえ見失いかけるときが来るかもしれません。
そのような状況に追い込まれたとき、自分ひとりだと、創造的なアイデアもなかなか思い浮かばなくなってしまいます。

あなたが、誰かに相談したいと思ったとき、いざ自分が経営者としてトップになってしまうと、
弱みを見せることができる相談相手もなかなか見つかりません。
このような精神的不安と常に戦いながら事業の立上げを行っていく必要があります。

このように、起業するということは、大変勇気のいることです。

それでもあなたは、起業しようとしています。
何かを変えようとしています。
今、はじめの一歩を踏み出そうとしています。

「やめておいたほうがよいのでは・・・?」と心配してくれる人がいるかも知れません。
「無謀だ」と笑う人がいるかも知れません。

でも私はあなたの勇気を尊重したいと思います。
私は、そんなあなたを応援したいのです。

しかし、矛盾するようですが、なにがなんでも起業を勧めているわけではありません。
起業することよりも、事業を継続させていくことのほうが、もっと重要であり、もっと大変なことなのです。

ここであなたに質問があります。

「あなたのビジネスプランは、他の誰かへのプレゼントになっていますか?」

あなたの想いを聞かせてください。私は多くの応援してくださる方々のおかげで、
なんとか今日を生きております。
是非、あなたの想いを多くの人に伝えてください。もしあなたが想いを伝えれば、
あなたを応援してくれる人がきっと沢山現われるでしょう。

弊社には、気軽になんでも相談し合える仲間が本当に沢山います。
皆、志の高い経営者や若くて優秀な専門家ばかりです。
是非、若い力で日本を元気にしましょう。

「はじめの一歩を踏み出そうとしているあなたを応援したい。」
「夢に向かって頑張るあなたを応援し続けたい!」

それが私達の想いです。

そして、「将来、あなたが起こした事業が多くの方を
幸せにすること…」

それが、私達の願いなのです。

sp
お問い合わせはお気軽に
06-6937-5757 受付時間/平日9:00〜18:00 メールでのお問い合わせはコチラ 無料相談会で冊子プレゼント!!

ちょこっと大切な話!税理士選びは人柄選び

皆さんが税理士を必要だと感じる時は、いったいどんな時でしょうか?
「税務調査が入った時に心配だから」、「経理や申告に手間をかけたくないから」、
「節税方法を教えて欲しいから」…などは皆さんがイメージしているものではないでしょうか?

どれも大切なことです。
顧問先が感じているこの3点すら、満たすことができていない税理士事務所は多数存在します。
しかし、この3点だけで本当に満足ですか?
会社経営では、実に様々な問題が発生します。その問題をより早い時点で把握し、対処してくことがとても重要です。時には軌道修正する事もあるでしょう。
このように判断が必要な時、まず一番に相談する相手が税理士となるケースが実は非常に多い事をご存知ですか?
守秘義務を守り、会社の内情をよく把握しており、法律関係の知識も持っている税理士には、頼りたくなるものです。
また社外の人間だから相談できることもあるでしょう。
ただ、相談しても「納得のいく返答が返ってこない」「返事が遅い」という声をよく耳にします。
これは税理士事務所の人数的な余裕、また仕事に対するスタンスやその人の性格に多く影響されると思います。

・基本的に受け身で仕事をする税理士事務所
・威圧感があり気軽に相談しにくい税理士
・自信なさそうに話す税理士
・最新の法律を把握しているか不安に思わせる税理士事務所
色々な税理士事務所があります。
「はじめての一歩」を踏み出す皆様にとって、専門家の中でも税理士選びは最も重要なポイントだと考えています。
一番大切なのは『社長の考えを尊重し、理解して、率先して社長の相談相手となってくれる税理士』だと
思いませんか?

ページトップへ